オスプレイ軍用機シリーズ52/ドイツ空軍強襲飛行隊
価格 : 2,700円(税抜2,500円)
数量
 
著者:ジョン・ウィール
訳:柄澤英一郎
B5判ソフトカバー/128ページ
初版年:2006(8.11)
ISBN:9784499229166

ドイツ陸軍の「突撃騎兵」の空軍版である「強襲飛行隊」は、ドイツで製造され迎撃戦闘機の中で最強の火器と防御装甲を待つ機を装備したエリート部隊だった。彼らの任務は強烈な鉄拳のように、米軍の強力な昼間爆撃機の大編隊を粉砕することとされていた。これらのエリート部隊で戦うことが許されたのは志願者だけであり、パイロットは、密集編隊を組んで前方または後方から敵編隊に接近し、至近距離で戦闘するように訓練された。例外的な状況の下では、パイロットは敵機に体当たりした後に落下傘降下することすらあった。本書は元隊員たちの直接の証言と資料として保存されている珍しい写真によって、1944?45年の暗い次期の、強襲飛行隊の短いが、激烈な歴史を書き上げている。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.