オスプレイ軍用機シリーズ42/モスキート爆撃機/戦闘機爆撃機舞台の戦歴
価格 : 2,160円(税抜2,000円)
数量
 
著者:マーティン・ボーマン
訳:苅田重賀
B5判ソフトカバー/104ページ
初版年:2004
ISBN:9784499228374

英国空軍の伝説的な全木製機、デ・ハヴィランド・モスキートは戦争の絶望的状況の中から生まれた素晴らしい技術的成果の典型であり、この機体サイズでは第二次大戦で最良の双発戦闘爆撃機だったといえるだろう。最初に実戦で使用された爆撃機型はB Mk IVで、1941年11月にノーフォーク州スワントン・モーリーの第2航空群第105飛行隊に配備された。モスキートはこの部隊がそれまで装備していたブレニムMk IVよりも速度で大幅に勝っていたが、金属製ではなく木製の、空冷星形ではな液冷直列エンジンを搭載したこの機体の運用は当初、搭乗員にとっても整備員にとっても試練であった。本書は爆撃軍団と沿岸航空軍団での爆撃機型と戦闘爆撃機型の戦歴を扱い、さらにオーストラリア空軍と極東戦域での南東アジア軍団にも触れる。また、オスロのゲシュタポ本部爆撃、捕虜脱走計画支援のために行った収容所へのピンポイント攻撃、ベルリン夜間空襲など、デ・ハヴィランド社製双発機に与えられた、危険かつ困難な任務を果敢に遂行した搭乗員たちの体験談も数多く収録している。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.