独ソ戦車戦シリーズ18/労農赤軍の多砲塔戦車
価格 : 3,456円(税抜3,200円)
数量
 
著者:マクシム・コロミーエツ
訳者:小松徳仁
判型:菊判ソフトカバー
ページ数:136ページ
発売日:2012年10月2日
ISBN:978-4-499-23095-7
出版社:大日本絵画

第一次大戦で「動くトーチカ」として生み出された戦車は進化の当然の帰結として「走る要塞」へと変貌を遂げる。

軍事先進各国が開発と実用化を競い合って断念した中で、唯一本格量産への道を歩んだロシア/ソ連「動くトーチカ」の正当後継者でありながら進化の袋小路に陥った多砲塔戦車の真実を最新の研究成果から解析する。

多砲塔戦車 T-35やその系列車両であるT-100、SMKの貴重な記録写真を100葉余、図版も多数収録。

〈目次〉
002 ●目次、原書スタッフ
003 ●第1章 開発の歴史
016 ●第2章 量産化
044 ●第3章 戦車の構造
060 ●第4章 T-35戦車の配備と戦闘運用
110 ●第5章 SMK戦車とT-100戦車
134 ●参考文献
135 ●ソ連軍多砲塔重戦車の性能諸元
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.