ドイツ武装SS師団写真史 2
価格 : 4,212円(税抜3,900円)
数量
 
著者:高橋慶史
判型:AB判ソフトカバー
ページ数:244ページ
発売日:2011年2月2日
ISBN:978-4-499-23039-1
出版社:大日本絵画

写真・ドイツ・編制図で追うドイツ武装SS師団の全足跡

ー本書帯よりー
多数の写真と図版でヴィジュアルに解説

武装SS師団の全貌に迫るシリーズ第2弾

知られざる武装SS全師団の誕生・発展から戦歴、終焉までを新資料に基づいて追跡する一大戦記。前半は連合軍による史上最大の空挺作戦“マーケット・ガーデン”を迎撃して激しい戦闘を繰り広げた2個師団、後半は祖国を遠く離れた地で終戦を迎えた外国人義勇兵部隊が多いなか、それぞれ祖国で武器を置いた2個師団を紹介。

未発表を含む写真・約170点・時期ごとの詳細な部隊編制図・約60点、
装備保有状況の表・約30点、主要な作戦地図・約40点などヴィジュアル資料を満載。

◎本書に収録されたSS師団
第3部 遠すぎた橋
・第7章 SS第9戦車師団“ホーエンシュタウフェン”
・第8章 SS第10戦車師団“フルンツベルク”
第4部 生き残ってはみたものの
・第9章 SS第34義勇擲弾兵師団“ラントストルム・ネーダーラント”
・第10章 SS第29武装擲弾兵師団(イタリア第1)

いずれの師団も希少な写真や最新の考証による編成図版を満載!

ー目次ー
第3部 遠すぎた橋
第7章 SS第9戦車師団“ホーエンシュタウフェン”
 1. 師団の創設─5  2. 戦車師団への改編─12  3. フーベ包囲陣救援作戦─19
 4. タルノポリ戦─25  5. ノルマンディーの戦闘─34  6. “グッドウッド”作戦─47
 7. “リュティヒ”作戦 ー ファレーズ包囲戦─51  8. アルンヘムの戦闘─60
 9. アルデンヌ戦─67  10. “春のめざめ”作戦─70  11. 終焉─73  12. エピローグ─74
 参考文献─75  資料─76
第8章 SS第10戦車師団“フルンツベルク”
 1. 師団の創立─79  2. ノルマンディー駐留─86
 3.フーベ包囲陣救出作戦─90  4. ノルマンディーの戦闘─103
 5. ネーぺルト〜ナイメーヘン 回廊を巡る戦闘─121
 6. アルンヘム〜ナイメーへン 橋を巡る戦闘─125  7. リニッヒの戦闘─136
 8. アルザスの戦闘─139  9. “ゾネンヴェンデ(冬至)”作戦〜アルトダム橋頭堡戦─143
 10. 死の野原─151  11. 終焉─155  12. エピローグ─156
 参考文献─157  資料─158

第4部 生き残ってはみたものの
第9章 SS第34義勇擲弾兵師団“ラントストルム・ネーダーラント”
 1. オランダのSS義勇兵部隊─163  2. SS擲弾兵連隊“ラインヴァハト・ニーダーランデ”─164
 3. ベルギー - オランダ国境防衛戦─170  4. SS防衛大隊“ノルトヴェスト”(SS大隊“ヘレ”)─173
 5. “マーケット・ガーデン”作戦─174  6. SS擲弾兵連隊“LSN”の戦闘─181
 7. SS義勇擲弾兵旅団“ラントストルム・ネーダーラント”─183
 8. SS第34義勇擲弾兵師団“ラントストルム・ネーダーラント”─185
 9.終焉─193  10. エピローグ─196  参考文献・資料─197
第10章 SS第29武装擲弾兵師団(イタリア第1)
 1. イタリア武装義勇兵大隊(Milizia-Armata)─199
 2. 武装義勇兵連隊“デ・マリア”─203  3. 第1突撃旅団(イタリア義勇兵団)─203
 4. アンツィオ橋頭堡 - SS義勇大隊“ヴェンデッタ”─205
 5. ローマ北西での戦闘 - SS義勇大隊“デビカ”─213  6. ピエモンテにおけるパルチザン掃討戦─215
 7. SS武装擲弾兵旅団(イタリア第1)─219  8. 「オッソラ自由共和国」─224
 9. SS戦闘団“ビンツ”─231  10. SS第29武装擲弾兵師団(イタリア第1)─235
 11. エピローグ─240  参考文献─241  資料─242
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.