レッドブル・レーシング F1マシン 2010年(RB6)
価格 : 4,860円(税抜4,500円)
数量
 
著者:スティーブ・レンドル
訳者:アルノー・ド・ポルチュ
監修:小倉茂徳
判型:AB判並製
頁数:オールカラー176ページ
発売日:2015年3月31日
ISBN:978-4-499-23154-1
出版社:大日本絵画

2005年からF1(フォーミュラ・ワン)に参戦しているレッドブル・レーシングのマシンは、初年度に投入した「RB1」から年を負うごとに進化をとげた。本書はそのなかでもチームとして初のコンストラクターズタイトルを獲得した2010年のマシン「RB6」をヘインズ社のオーナーズマニュアルシリーズのフォーマットに則って概説するもの。翻訳は元日本ミシュランタイヤのアルノー・ド・ポルチュ氏、監修はテレビのF1中継解説でもお馴染みのモータースポーツジャーナリストであり、元ホンダF1スタッフでもある小倉茂徳氏と、内容だけでなく専門用語も充実した書である。
※本書はイギリスのヘインズ社刊行によるRED BULL RACING F1 CAR 2010(RB6) Owener's Workshop Manual An insight into the technology, engineering, maintenance and operation of the World Championship-winning Red Bull Racing RB6を翻訳したものです。

本書の主な内容
レッドブル・レーシングの歴史
レッドブル・レーシングRB6:細部解説
デザイナーの見解
レース・エンジニアーの見解
レース・ドライバーの見解

2005年からF1(フォーミュラ・ワン)参戦しているレッドブル・レーシングのマシンは、初年度に投入した「RB1」から年を負うごとに進化をとげた。本書はチームとして初のコンストラクターズタイトルを獲得した2010年のマシン「RB6」をヘインズ社のオーナーズマニュアルシリーズのフォーマットに則って概説するものである。

〈目次〉
序文……5
前書きと謝辞……7
レッドブル・レーシングの歴史……9
レッドブル・レーシングRB6:細部解説……20
デザイナーの見解……118
レース・エンジニアの見解……140
レース・ドライバーの見解……164
エピローグ……172

【訳者紹介】
アルノー・ド・ポルチュ
 1960年 フランス国籍。1982年に二度目の来日をし、日本に在住。1987年に慶應義塾大学経営管理研究科卒業。以来、自動車産業に長年携わっている。

【監修者紹介】
小倉茂徳
 1962年 東京都出身。1986年に早稲田大学第二文学部英文学専修を卒業。1987、1988年にホンダF1チームの現地広報を担当。以後F1やモータースポーツに携わる。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.