オスプレイ“対決”シリーズ7/日本海軍巡洋艦 vs 米海軍巡洋艦
価格 : 3,024円(税抜2,800円)
数量
 
著者:マーク・スティル
訳者:宮永忠将
判型:B5判ソフトカバー
ページ数:80ページ
発売日:2010年5月26日
ISBN:978-4-499-23025-4
出版社:大日本絵画

ー本書帯よりー
ソロモン海の凱歌!! 日本巡洋艦戦隊のワンサイドゲーム

第一次ソロモン海戦での圧倒的な日本海軍の勝利の様子とサボ島沖海戦における米海軍初めての夜戦勝利。日米両者の勝利を米国研究者が分析!

ー本書表4よりー
真珠湾攻撃によって壊滅的な損害を受けてから8ヶ月にして、米海軍は最初の反攻作戦、ガダルカナル島への上陸を敢行した。オーストリアの北東、アメリカとの連絡線を決する戦略的要衝に、日本軍の基地建設を許すことはできなかったからだ。上陸侵攻部隊が作戦海域に姿を表した日から、制海権を巡る激しい海戦が繰り返されたが、航空機や潜水艦の支援がない中で、自慢の主砲と雷装だけを頼りとした巡洋艦同士の殴り合いもおこっている。それは、航空兵器が主体となった戦争が主役となって最前線に立った最後の海戦でもあった。本書は、貴重な写真やイラストレーション、そしてガダルカナル戦役に関する鋭い分析をもとに、日米両海軍の巡洋艦の作戦運用や戦術を追求した成果である。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.