世界の戦車イラストレイテッド12/IV号中戦車1936-1945
価格 : 1,404円(税抜1,300円)
数量
 
著者:ブライアン・ペレット
カラーイラスト:デヴィッド・E・スミス×ジム・ローリエ
訳:斎木伸生
B5判ソフトカバー/47ページ(掲載写真32点)
初版年:2001
ISBN:9784499227605

IV号戦車は、主力洗車とされたIII号戦車に対する支援戦車として、ドイツ陸軍の機甲化思想に基づいて大戦間に開発され、ポーランド戦からフランス戦まで機甲兵力の一翼を担い、電撃戦を精巧に導いた。その後、最初の長砲身型IV号F2が1942年初めにロシアで戦線投入され、ソ連軍のT-34やKV-I戦車に対抗できることが明らかになると、その役割は近接支援車両から主力戦車へと変わった。長砲身に加え装甲を強化して重量過大になったIV号戦車は、H型でその発展の頂点に達したが、当時ティーガーは数的に少なく、パンターは配備後も初期トラブルがまだ完全には解消されていなかった。このため、IV号戦車はその語もドイツ軍の主戦力であり続けなければならず、ソ連軍大攻勢、バルジの戦いまで、唯一大戦全期間を通して継続して戦闘に参加した戦車となった。本書は第二次大戦ドイツ陸軍戦車を代表とする「軍馬」であったIV号中戦車の開発と派生型、構造、編制と戦術、そして戦歴をまとめた一冊である。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.