海軍特殊潜航艇
価格 : 3,672円(税抜3,400円)
数量
 
著者:勝目純也
判型:AB判・ソフトカバー
ページ数:128ページ
発売日:2011年6月24日
ISBN:978-4-499-23055-1
出版社:大日本絵画

ーカバー見返しよりー
艦隊決戦参加を目的に開発され、はからずも港湾進入作戦に投入された“特殊潜航艇"、苦闘の記録

日本海軍の2人乗り小型潜水艇「甲標的」は、太平洋を進撃してくる米艦隊を邀撃し、主力艦同士による艦隊決戦前にその兵力を漸減することを目的に開発されました。ところが、太平洋戦争の開戦直前になるとこれが改めて“特殊潜航艇"と称されて、本来の開発意図にはそぐわない真珠湾攻撃やマダガスカルのディエゴスワレス湾、オーストラリアのシドニー湾など港湾進入作戦に投入されました。本書ではその開発から訓練、携わった人物たちを軸に、未帰還となった真珠湾特別攻撃隊やディエゴスワレス湾、シドニー湾へ突入した第2次攻撃隊がいかなる最期を遂げたかについてを、米側資料と照らし合わせて写真と図版で解説します。

ー目次ー
第1部 甲標的の制式化と搭乗員養成
◆第1章 小型潜水艇の開発……008
◆第2章 搭乗員養成と合戦準備……020

第2部 真珠湾特別攻撃隊
◆第3章 真珠湾攻撃……034

第3部 ディエゴスワレス・シドニー攻撃
◆第4章 第2次特別攻撃隊の編成……074
◆第5章 第2次攻撃隊出撃……084
◆第6章 ディエゴスワレス攻撃隊……088
◆第7章 シドニー攻撃隊……098

巻末資料
◆特殊潜航艇搭乗員戦没者……110
◆甲標的講習員期別一覧……116
◆甲標的と特殊潜航艇 認識の見直し……118
◆甲標的関連年表……124
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.