ルンガ沖の閃光
価格 : 4,104円(税抜3,800円)
数量
 
著者:ラッセル・クレンシャウ/訳・監修:岡部いさく・岩重多四郎
B6判・ハードカバー/256ページ
初版年:2008(9.26)
ISBN:9784499229739

1942年11月30日に生起したルンガ沖夜戦(米側呼称:タサファロンガ海戦 Battle of Tassafaronga)は、ガダルカナル島をめぐって行われた多くの戦いの中の最後のものであり、日本海軍駆逐艦部隊が、アメリカ海軍巡洋艦部隊に勝利した戦いである。日本側からの記述になる著書の多い中、本書は米部隊の前衛駆逐艦3番艦「モーリー」(USS Maury DD-401)の砲術士官であった著者の手により、米軍から見た11月30日夜の本質と、神秘のベールを剥がしていく。
そして、この忘れられた戦闘が、長らく困難な戦役における単なるひとつの踏み石ではなく、米海軍とその兵器の本質そのものが試された試練の場であったということ、それは、現実と異なる状況のもとで存在したかもしれないものー真に破滅的な敗戦ーの縮図であることを著者は発見したのである。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.