マリアナ沖海戦
価格 : 4,644円(税抜4,300円)
数量
 
著者:川崎まなぶ/編者:岡崎宣彦
A5判・ハードカバー/384ページ
初版年:2007(11.30)
ISBN:9784499229500

マリアナ沖海戦とは“何だったのか?
飛行機が主役であった太平洋での戦い。その中でも航空母艦対航空の海戦は、他では見られないものといえる。昭和19年6月のマリアナ沖海戦は、日本9隻、アメリカ15隻の空母が参加するという、太平洋上、いや歴史上でも最大級の戦いであった。しかしその知名度は低い。漠然としたイメージで語られることが多いのである。これまで各航空隊の生い立ちからマリアナ沖海戦に至るまで、当時の生存者に調査した出版物はほとんど見られない。マリアナ沖海戦までにどのような訓練が実施され、どう戦い、そしてどうなったのか? 本書は空母搭乗員にスポットをあて、これまで顧みられることの少なかった記録、記憶を、たんねんにつなぎ合わせ、マリアナ沖海戦の全貌を復元した労作である。
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.