西方電撃戦
価格 : 12,960円(税抜12,000円)
数量
 
著者:ジャン・ポール・パリュ
翻訳者:宮永忠将・三貴雅智
判型:A4判・ハードカバー
ページ数:616ページ
発売日:2013年3月29日
ISBN:978-4-499-23108-4
出版社:大日本絵画

1940年のドイツ軍によるフランス電撃戦の全貌を豊富な写真と図面で描く
1940年5月、突如独仏国境を越えたドイツ軍戦車部隊は難攻不落のマジノ線を迂回しフランス本土に侵攻した。本書はもっとも成功した電撃戦と言われるドイツ軍によるフランス侵攻作戦を豊富な資料と写真で詳述している。とくに写真解説には力を入れており戦争当時の写真と現代の写真の比較により撮影場所を特定しており単なる電撃戦を解説したこれまでの書籍とは一線を画した内容となっている。

〈目次〉
第1章 戦火ふたたび……8
 かりそめの平和……10
 連合国とポーランド……18
 フランスのザール攻勢……20
 マジノ線……24
 連合軍の戦略……39
 日和見を決め込むベルギー……44
 ディール計画……46
 上陸を開始するBEF……50
 ドイツ軍の戦略……52
 対峙する両陣営……56

第2章 作戦名:黄色……70
 作戦暗号「ダンチヒ」発令……72
 ブランデンブルク部隊の作戦……75
 エベン・エマール急襲……78
 アルデンヌでの空挺突撃……88
 前進開始する連合軍……94
 オランダを巡る戦い……107
 ドイツ第6軍のベルギー侵攻:陽動作戦……154
 ムーズ川のドイツ第4軍……168
 ムーズ川のドイツ第12軍……195

第3章 突破……238
 ドイツ第XV軍団とフランス第9軍……241
 クライスト集団とフランス第2軍……271
 フランス第9軍の最期……280
 大釜の一閃……286
 突破口の拡大……292
 トゥランの戦い……315
 フランス第4装甲師団:南からの脅威……327
 撤退に傾くゴート卿……337
 ウェイガン計画……356
 ベルギーの要塞群……370
 ソンム戦線のフランス第7軍……393
 アブヴィル橋頭堡……404
 最後の退却……414
 海岸から撤退するBEF……420
 ダンケルク:撤退……436

第4章 作戦名:赤色……456
 二つの選択肢……458
 ドイツ第4軍:ソンム川からセーヌ川にかけて……465
 ドイツ第6軍:ソンム川からマルヌ川にかけて……486
 エーヌ川のドイツ第12軍……494
 敗北……500
 B軍集団:セーヌ川からロワール川まで……508
 包囲環を閉じるグデーリアン集団……516
 C軍集団:マジノ線への攻撃……530

第5章 フランス敗北……540
 切り札を失ったレイノー……542
 要塞を巡る戦い……548
 ヴォージュ山脈での終幕……562
 最後の撤退……573
 アルプス戦線……577
 最後の軍事行動……584
 休戦協定……592
 マジノ線の降伏……602
 戦争の傷跡……607

訳者あとがき……615
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.