ラスト・オブ・カンプフグルッペ IV
価格 : 4,644円(税抜4,300円)
数量
 
著者:高橋慶史
判型:A5判上製
頁数:360ページ
発売日:2015年7月22日
ISBN:978-4-499-23151-0
出版社:大日本絵画

歴史に埋もれたドイツ陸海空軍戦闘記録の発掘。渾身の第4巻!
射撃の度にトンネルに隠れ潜んで連合軍を悩ませた列車砲、最初の立案に無理があった上陸作戦、たった2ヶ月しか存在しなかった最後の戦車師団、弱兵ながらも終戦まで生き残った空軍地上師団、第一次大戦時の老朽外国艦(動力なし)に88mm対空砲を搭載した「高射砲艦」の奮戦、そして1ダースのパンツァーファウストで30両の英軍戦車を迎撃した3名のドイツ兵……。歴史書には決して登場しない小戦闘や、知られざる混成部隊の物語を掘り起こす異色の戦闘記録シリーズ第4巻。250枚以上の写真、具体的な兵器を図示した詳細な編成図、物語に登場する各部隊のマークも掲載。



歩兵3人 vs 戦車30両!!
ロシア解放軍対SS師団“ヴァレンシュタイン”、ドイツ軍と共に戦ったコサック部隊、1,200kmをひたすら逃げ通した空軍地上師団、第一次大戦の老朽鹵獲装甲艦を改造した「高射砲艦」、パンツァーファウストだけで30両の戦車を迎撃した3人のドイツ兵……。歴史書には決して登場しない戦闘や、知られざる部隊の物語を掘り起こす異色の戦闘記録。
ドイツ陸海空軍 “戦闘団” 劣勢・装備困窮下の奮戦

【本書の内容】
第 I 部
第1章 午後4時の恐怖──アンツィオ・アニー
第2章 ディエップで朝食を──カナダ第14機甲連隊(カルガリ連隊)
第3章 ポンメルンの奇蹟──戦車師団“ホルシュタイン”
第4章 ラスト・オブ・コサック──SS第14/15コサック騎兵軍団
第5章 空軍地上師団ついに逃げ勝つ──第11空軍地上師団
第 II 部
第6章 スロヴァキア蜂起──泥縄式臨時編成ドイツ戦闘団群
第7章 プラハ蜂起──SS緊急動員部隊“ヴァレンシュタイン”
第8章 第三帝国最後の戦車師団出撃す!!──戦車師団“クラウゼヴィッツ”
第9章 老骨に鞭打つ──ドイツ海軍 高射砲艦
250枚以上の写真、具体的な兵器を図示した詳細な編成図、部隊の動きが分かる作戦地図、物語に登場する各部隊のマークも掲載。

〈目次〉
第 I 部……3
第1章 午後4時の恐怖[アンツィオ・アニー]……5
第2章 ディエップで朝食を[カナダ第14機甲連隊(カルガリ連隊)]……39
第3章 ポンメルンの奇蹟[戦車師団“ホルシュタイン”]……87
第4章 ラスト・オブ・コサック[SS第14/15コサック騎兵軍団]……121
第5章 空軍地上師団ついに逃げ勝つ[第11空軍地上師団]……159
第 II 部……191
第6章 スロヴァキア蜂起[泥縄式臨時編成ドイツ戦闘団群]……193
第7章 プラハ蜂起[SS緊急動員部隊“ヴァレンシュタイン”]……235
第8章 第三帝国最後の戦車師団出撃す![戦車師団“クラウゼヴィッツ”]……283
第9章 老骨に鞭打つ[ドイツ海軍 高射砲艦]……325

【著者紹介】
高橋 慶史
1956年岩手県盛岡市生まれ。慶応義塾大学工学部電気工学科卒業後、ベルリン工科大学エネルギー工学科へ留学。電力会社を経て電気工事会社に勤務し、現在は国内外のプロジェクトを担当している。
定年退職後は恐山に修行へ行き、イタコの口寄せ秘術を会得してパウル・カレルの霊を呼び出し、第1部『バルバロッサ作戦』、第2部『焦土作戦』に続く第3部『ベルリン攻防戦』を口述筆記して編纂することを計画している。
また、いつの日か、第二次大戦末期のドイツ国民突撃隊やロシア解放軍、海軍師団、帝国労働奉仕団(RAD)師団などの超マニアックな部隊史を出版し、出版社と筆者で莫大な借金を背負い込むという物凄い夢を抱いている。
著書に『ラスト・オブ・カンプフグルッペ』、『〈続〉ラスト・オブ・カンプフグルッペ』、『ラスト・オブ・カンプフグルッペ III』『ラスト・オブ・カンプフグルッペ IV(本書)』、『カンプフ・オブ・ヴァッフェンSS〈1〉武装SS師団全史』、『ドイツ武装SS師団写真史1』、『ドイツ武装SS師団写真史2』。訳書に『軽駆逐戦車』、『パンター戦車』、『突撃砲』、『突撃砲兵』〈上巻・下巻〉、『ケーニッヒス・ティーガー重戦車1942-1945』『ヘルマン・ゲーリング師団史』〈上巻・下巻〉(すべて大日本絵画刊)などがある。現在、『ラスト・オブ・カンプフグルッペ V』を執筆中。
http://www3.plala.or.jp/Last-Kampf/index.html
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.