日本海軍機塗装図ハンドブック〔零戦篇〕
価格 : 3,780円(税抜3,500円)
数量
 
編集:スケールアヴィエーション編集部
イラスト:二宮茂幸
判型:AB判並製
頁数:オールカラー96ページ
発売日:2014年10月1日
ISBN:978-4-499-23143-5
出版社:大日本絵画

日本海軍を代表する名機、零式艦上戦闘機。開戦劈頭から終戦までを戦い抜いたこの機体には、時期や部隊によって多数の機体塗色、部隊番号表記、指揮官機識別帯が存在する。本書は、現在判明している零戦装備部隊の、バラエティに富んだほぼすべての塗装例を側面図のかたちで網羅し、空母飛行機隊、基地航空隊など日本海軍航空隊の部隊区分によって分類。三菱製、中島製の違いはもちろん、部隊によって異なる機体番号の表記ルールなども詳細に解説した一冊。

〈目次〉
004 1.零戦基本塗装の変遷
006  1.零戦出現以前の海軍戦闘機の塗装
008  2.初期の零戦の基本塗装
010  3.敵味方識別帯の導入
011  4.日の丸に白フチが付く
012  5.現地迷彩が始まる
014  6.工場での迷彩塗装
016  7.最終形態
017  8.特殊な塗装例
018  9.指揮官機標識
020 2.空母飛行機隊の零戦
030 3.基地航空隊の零戦
042 4.番号冠称航空隊の零戦
072 5.特設飛行隊の零戦
076 6.練習飛行隊の零戦
086 7.部隊不詳の零戦
090 〔補遺〕戦地で見られた零戦の塗装
094 索引
Copyright ©ARTBOX co..ltd, All Rights Reserved.